ロゴ

パキラの適切な育て方を知っておく

美しく綺麗にパキラを育てる

パキラは、枯れることがすくなく丈夫に育ってくれるので根強い人気を誇っています。しかし、適切な方法を知っておかないと思うように育ってくれません。ですから、パキラが美しく元気になる育て方を把握しておくようにしましょう。

パキラを長い期間元気な状態で育てる

パキラは非常に強い植物です。しかし、適切な方法で育てなかったりパキラに起こるトラブルに対してきちんと対処しなければ枯れてしまう場合があります。そうならないために、正しい方法で育ててトラブルに早急に対処することで長期間元気に育てることが可能になります。

新着情報

パキラを元気に育てる方法

パキラの置き場所

室内で育てる場合であれば日光の当たる明るい場所に置くようにして下さい。しかし、夏などの強い日差しにずっと当てると葉が焼けてしまう原因になるので直射日光は避けて明るい日陰に置きましょう。また、明るい場所に置けない場合でもパキラは耐えられます。しかし、暗い場所に長期間置いていると締まりのない樹形になり葉が落ちることがあるので気をつける必要があります。この状態になった場合でも日光に当てたり明るい場所に置くことで元気を取り戻します。

水やり

パキラの水やりは難しくありません。水をあげるタイミングとしては、土が白っぽく乾いたら水を与えます。また、この時に注意すべきなのがしっかり土の状態を確認することです。土が乾いているのを確認して水を与えるというポイントを押さえていれば問題が起きる可能性は低くなるでしょう。鉢の底に受け皿を敷く場合には、受け皿に水を残さないようにして下さい。そうすることで、根腐りの防止ができます。

温度管理

パキラは熱帯地域に自生しているので基本的には高温多湿を好みます。ですから、丈夫なパキラでも寒い時期には少し弱いです。その為、冬の室内温度は5℃以上を保つことが望ましいでしょう。この他に、気をつけておくのが直接エアコンの風を当てないことです。直接エアコンの風が当たると葉が乾燥して枯れてしまいます。

肥料を与える

パキラをより元気に育てるには、肥料を使うことがおすすです。しかし、間違った方法で肥料を使うと弱らせる場合もあるので正しい方法で使うようにしましょう。パキラに肥料を与える上で気をつけておくべきポイントがいくつかあります。その一つには、適切な与える時期と頻度を知っておくことです。また、肥料の与え過ぎは絶対にしないようにしましょう。これらを守っていれば、上手く育つことができます。

剪定をする

パキラは生命力が旺盛なので、どこから切っても芽がでてきます。ですから、大きくなり過ぎた時には思い切って切り戻しても問題はありません。この際には、切り戻した位置から細い幹の根元付近から切るようにして下さい。そうすることで、また綺麗に葉が揃います。

パキラを育てる

観葉植物

パキラを定期的に植え替える

パキラは長期間同じ鉢に植え込んでいると根腐れをする可能性が高くなってしまいます。そのようなトラブルを起こさないためには、定期的に植え替えをする必要があります。植え替えの時は、注意点があるので把握しておきましょう。まず、植え替え先の土を最適なものにしておくことが大切です。自分で土を作る時は、赤玉土小粒7・ピートモス3と赤玉土小粒7・ピートモス2・軽石1の割合がパキラに適した土になります。

バランスに合った鉢を選ぶ

植え替えの際は、一回り大きい鉢にしましょう。パキラはどんどん成長していくので小さい鉢だと根詰まりなどを起こす可能性がでてきます。そのようなことをなくすためにも、一回り大きな鉢にする必要があるのです。植え替えした小さい鉢は処分するのではなく、また新たにパキラを生育するのも良いと思われます。その場合、すぐに使用するのであれば良いのですが一旦収納しておくという場合は物置に仕舞っておくと良いでしょう。物置にガーデニング用品を収納しておけばいつでも手軽に取り出すことができ、ガーデニングが楽しめます。物置がないという場合、アウトレットを利用することで物置価格が安くで手に入るので気軽に購入することができます。

害虫が発生した時の対処法

パキラに発生する害虫はたくさんいます。害虫が現れると成長の妨げになります。ですから、害虫を早期発見して早期防除する必要があると言えるでしょう。その為には、定期的にパキラの状態を確認し害虫がいれば駆除することが重要です。また、害虫は布で拭き取ったり水をスプレーして引き飛ばしたりして対処します。薬剤を使用する場合は、天然成分の害虫駆除剤であればパキラにも悪影響を与えず安心です。さらに、土にペレット剤などを撒いておくことも害虫防止になるでしょう。

挿し木でパキラを増やす方法

パキラは増やすこともできる植物です。その方法の一つに、挿し木があります。挿し木はパキラの増やし方で1番簡単にできる方法です。挿し木の手順としては、まず10センチ位で枝を切り大きな葉は半分程度切ります。そして、土に挿し木をするとしっかりと根付くようになるのです。

【PR】
パキラの育て方を拝見
お庭をもっと華やかに。物置価格を大公開♪
収納スペースを増やしたいなら注目!
広告募集中